先生

医療機関で除去できます

ほくろの特徴

整形

ほくろは色素性母斑とよばれるもので誰の体にも少なからず存在しています。小さいものでは1mm程度の大きさですが、大きなものになると5mmから1cm程度の大きさにまでなります。色や形の変化も大きく薄い茶色で厚みもなくほとんど目立たないものから黒く盛り上がったものなど様々です。ほくろができる原因は詳しくはわかっていませんが、紫外線などの影響によりメラニン色素が色素沈着を起こすことが主な原因と考えられています。ほくろはメラノーマなど一部のものを除けば健康上は何の問題もないので特に気にする必要はありません。しかしほくろの数が多い場合や顔など目立つ場所にほくろがありコンプレックスとなっている場合は皮膚科や美容整形外科で相談するとよいでしょう。皮膚科や美容整形外科ではほくろ除去の治療などを行っています。もともと皮膚科などで行われるほくろ除去はメラノーマなどの治療を目的として行われていたものでした。しかし近年では女性の審美的意識の高まりもあり、健康上問題のないほくろ除去も行うようになりました。ほくろの数や大きさにコンプレックスを感じている人は、皮膚科や美容整形外科で相談しほくろ除去の治療を行うことを検討してはいかがでしょうか。

手術法によるメリット

皮膚科や美容整形外科で行うほくろ除去は切開による手術と医療用レーザーを使用した手術が主な方法となっています。切開による手術のメリットはほくろを根本から取り除ける点です。メスによりほくろの組織を完全に取り除けるので、再発が少なく確実にほくろ除去を行えます。またほくろの細胞を採取することで病理検査でほくろの性質を見極めることができるためメラノーマの検査も同時に行うことができる利点もあります。さらに切開による手術はほくろ除去の痕が目立ちにくいのが特徴です。顔などのデリケートな場所のほくろ除去を行う際は切開によるほくろ除去を検討するとよいでしょう。医療用レーザーを使用した治療ではメスを使用するほくろ除去に比べると格段に恐怖感が少ない点が魅力となっています。そのため多くの人がこの方法でほくろ除去を行っています。治療にかかる時間も短く済むため、仕事などでなかなか時間を工面することができない人におすすめの方法です。ほくろ除去の治療は基本的に保険診療の対象となっています。そのため健康保険の使用が可能となっていますがなかには自由診療となっている治療法もあるので、ほくろ除去を行う際は医師と相談し出術の方法を検討するようにしましょう。