女性

ほくろが気になるなら

女性

ほくろのない肌にしたい人は今後も増えるでしょう。美容整形を行っているクリニックでほくろ除去する人が増えるのではないでしょうか。小さいほくろならレーザーを照射するだけで良いですが、大きい場合は切除することになるでしょう。

医療機関で除去できます

整形

ほくろは誰の体にもあるものですが、数が多すぎる場合やできる場所によってはコンプレックスの原因となります。そのため皮膚科や美容整形外科ではほくろ除去の治療を行っています。一部の治療を除き基本的に保険診療の対象となっています。治療法は医師と相談し自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

コンシーラーはもう卒業

先生

施術の前にまず確認を

整形でほくろ除去をしてもらいたいと考えている人は、まず最初にそれが悪性のほくろでないか医師に確認してもらうことが必要です。ほくろの中には、メラノーマと呼ばれる皮膚がんの一種によるものがあるからです。もしも親族にメラノーマになったことのある人がいる場合は、特に注意が大切です。診断の結果悪性でないとわかった場合は、整形によって除去してもらうことができます。美容外科クリニックではいろいろな整形法でほくろ除去を行っていますが、取ってもらいさえすれば後は何もしなくてよいというわけではありません。レーザーや切開などの外科的処置によってほくろ除去をしたときは、傷跡が残らないようにしばらくの間アフターケアをする必要があります。これはクリニックで指導してくれますので、その通りにすれば大丈夫です。具体的には、切開等の整形手術でほくろ除去を行った場合は傷痕に目立たないテープを貼り、傷を縫った糸を抜くまでの約1週間貼り続けて傷を保護します。レーザーによってほくろ除去をした場合は、塗り薬を塗りその上からテープを貼ります。この場合のテープを貼っておく期間はクリニックによって異なりますが、短い場合で数日、長い場合で2、3週間くらいが目安です。

代表的な施術法とその特徴

整形によるほくろ除去の施術法としては、まずメスを使ってほくろを切除する方法があります。これには、ほくろをくりぬくことによって除去するくりぬき法と、さらにそのくりぬいた部分を糸で縫い合わせる切除縫縮法とがあります。直接切り取るため確実にほくろ除去ができることがメリットです。また施術自体も一度で済むので、急いで確実にほくろを取りたいという人に向いている方法です。はじめは傷ができますが、テープを貼ることで次第に目立たなくなります。ただし、ほくろの厚みや面積によっては、ほかの方法を勧められることもあります。これに対して、レーザーを使ってほくろ除去を行う炭酸ガスレーザー法は、歴史は新しいものの現在広く普及している整形法です。これは数回に分けてほくろをレーザーで蒸散させるというものです。最も傷跡の残りにくい方法といわれていますが、もしメラニン色素を含む細胞が残ってしまうと、あとで再発しもう一度施術が必要になることもあります。この炭酸ガスレーザー法の施術後に用いるテープは他のものよりもやや目立ちやすいタイプのテープになります。電気分解法は、炭酸ガスレーザー法と同様に、ほくろを蒸散させて取り除く整形法です。レーザーに代わって電気エネルギーを用いるもので、こちらの場合は施術後のテープがさほど気になる大きさではありません。ただ、メラニン色素を含む細胞の取り残しによる再発は、炭酸ガスレーザー法よりいくらか多いといえます。

多くの方が利用しています

整形

ほくろ除去手術は、ほくろにコンプレックスを抱えている方々にとっては、とても魅力的な手術と言えるでしょう。多くのクリニックや整形外科で対応してくれますから、色々と調べて信頼できるクリニックや整形外科を探しましょう。

まずは検査を受けましょう

女性

ほくろ除去は皮膚科や美容整形外科で行っています。メラノーマなどの場合は他の診療科とも連携し最適な治療を行うことになります。審美的な場合は切開手術やレーザーを使用してほくろ除去を行います。とくに美容整形外科での処置は女性の方におすすめです。関心のある方は美容整形外科で相談してみましょう。